HOME > 教えて掲示板 > すぐ泣いてしまう

心理カウンセリング登録数

2472 件掲載中
2017/11/20 16:53現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

富山県氷見市の心理カウンセリング

富山県氷見市の心理カウンセリング、ハッピーエブリデイさんの登録写真 ハッピーエブリデイさんを掲載しました。

神奈川県横浜市の心理カウンセリング

リスタ・カウンセリング・ルームさんを掲載しました。

東京都江東区の心理カウンセリング

東京都江東区の心理カウンセリング、竜の棲むところさんの登録写真 竜の棲むところさんを掲載しました。

奈良県奈良市の心理カウンセリング

メンタルセラピー 空さんを掲載しました。

兵庫県姫路市の心理カウンセリング

兵庫県姫路市の心理カウンセリング、出張カウセリング 縁 ~よすが~さんの登録写真 出張カウセリング 縁 ~よすが~さんを掲載しました。
更新情報

心理カウンセリング モバイル
心理カウンセリング
モバイル版


質問

すぐ泣いてしまう
困り度: ★★★★★
教えてNo.44 質問者:1 投稿日時:
2010-08-17 23:12:50

こんにちは。30歳女性です。子供の頃から、すぐ泣いてしまい非常に困っています。
自分にとって理不尽な状況のとき、対抗しなければいけない状況のとき、同情されたり、自分で情けない・惨めに思うとき等等、とにかく自分が「嫌だ」「主張しないと」と思うと体が勝手に反応し、声が震え涙が出てくるという症状が起きます。
一番古い記憶では小1のとき、忘れ物をしたのでクラスメイトに借りようとしたが貸してもらえず、ふざけて「先生に言ってやる?」と先生に言おうとしたところ、なぜか涙が出てきて、結果大泣きしていました。それから小5のとき、ちょっといたずらをして先生に呼ばれ、そのことについて話そうとしたとき、どうしても泣きそうになり言葉に詰まってしまいうまく話せませんでした。怒られているわけでもないのに、普通に話せないのです。他にもありますがずっとこの調子です。
社会では理不尽なこと、嫌なことなんて日常茶飯事ですが、この調子なので泣くのをこらえるために言いたいことも言えず、苦情も言えず、仕事や日常生活にも差支えがありストレスがひどく、本当に困り果てています。何かにつけネガティブ思考になってしまいます。仕事に対してもこのようなことから自信が持てず、挑戦したくても諦めてしまいます。
子供の頃から、いい子で、我慢することが多く、言いたいことが言えない子でもありました。また、プライドが高いと自覚しています。
なにかトラウマや幼少時代の影響があるのでしょうか。
本気で改善したいのですが方法はありますでしょうか。
よろしくお願いいたします。


回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。


回答No:2
投稿日時:2010-08-18 06:27:18
回答者: 聖母治療院(埼玉県) 
自信度: ★★★☆☆

エルモさん、はじめまして。
漢方紫禁堂鍼灸院の加藤と申します。

エルモさんは泣くという感情が優先してしまい、理性的に対応できないという辛さをお持ちなのですね?

泣くという感情表出には一般に、悲しさ・くやしさ・怒りなどが伴います。

特にその場その場に適応→対応できないご自分に対して、一種のもどかしさ・腹立たしさの代償として、冷静さ以前に泣いてしまうこともあります。


・・・ただ、その感情表出はエルモさんのとても良い部分だと思います。

でも、エルモさんご自身は非常に困っていらっしゃいますし、体が勝手に反応し、声が震え涙が出てくるという症状で仕事や日常生活にも差支えがありストレスがひどく、何かにつけネガティブ思考になり、仕事に対してもこのようなことから自信が持てず、挑戦したくても諦めてしまわれているのですね。

確かに社会生活では理不尽なことや嫌なことが日常茶飯事ですよね。

そしてそのような社会で我慢や抑制をしてこられた結果、日常生活にも
「差支えがあるストレス」
を抱え込まれ、ポジティブに前向きになれなずに自身が欠如して、挑戦の前に
諦めてしまわれるのですね。


エルモさんは子供の頃からいい子で我慢強く、プライドも高くて言いたいことが言えなかったと書いていらっしゃいますが、ご両親の期待が高かったのでしょうか?

あるいは─これは現在のエルモさんにも言えることですが─ご自分へのハードルを高く設定し過ぎてはいらっしゃいませんか?

「要求水準」 をあまり高く設定し過ぎてしまいますと、そのハードルを越えることができなかったご自分を責めてしまいがちです。


私が思いますに、エルモさんのその時々の、
喉の奥の嗚咽→涙→大泣きしてしまう
という感情表出パターンは決して不自然なことや弱いことではなく、また異常でもないと思います。

むしろ私個人的には感情が豊かで好ましいと感じます。

一方で、どんな場面でも─例えば人の死に際して─感情表出が能面のようにまったく出ない人もいますね。


長々と書いてまいりましたが、エルモさんが小1のときから現在まで、 「すぐに泣いてしまう」 というご自分の意に反する反応を抱えながら、現在まで過ごされてきた 「力」 を絶賛すべきだと思います。

エルモさんには潜在的な 「力」 があります。

我慢や抑制をしてこられた結果、日常生活にも差支えがあるストレスを抱え込まれ、ポジティブに前向きになれなずに自身が欠如して、挑戦の前に諦め続けてこられた辛さ・困難・悩みを支えてくれたものは何でしょう?

精神の破綻を招かず、エルモさんがエルモさんのまま保つことができている 「力」 はどこから来ていると思われますか?


「すぐ泣いてしまう」 という反応・感情を鈍磨させたり、感情表出の方向性を変えることはカウンセリングや現代催眠療法で少しずつ変えることができると思いますが、そのこともカウンセラーと相談された上で、せっかくのエルモさんの良いところ─ネガティブと思われていた反応が実は情の厚さ・深さの表れであったり─は鈍磨させないほうが良いと愚考いたします。


エルモさんが求められている直接的な回答ではないかもしれませんが、ぜひご参考になさっていただければ幸いです。

乱文をお許しください。


参考になった:97件

回答No:3
投稿日時:2010-08-18 10:08:07
回答者: NPO法人ハートスプリント(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

はじめまして、ハートスプリントの池上と申します。

ご相談内容を読ませていただきました。いつも涙が溢れて言いたい事が言えずに困っているのですね。大人になっても涙が出てしまうのでは、さぞお困りのことと思います。

エルモ様は大変感受性が豊かな方だとお見受けします。これは人として気持ちが豊かだということなので、大事にしていいと思います。誰だって失恋した時や、家族が無くなった時、悲しい出来事と直面したときは涙が出てしまいます。それは、感性に直接訴えるものだからです。エルモ様が日常の出来事を話す時も、気持ちが入りすぎているのかも知れません。

直ぐできる対処法としては、エルモ様が何か感情的なお話をなさる時、意識して、もう少し物事を客観的に話すことです。AさんがB君に物を貸してもらえなかった、と話すのであれば、話す時少し気が楽ではありませんか。B君がいたずたをしたと先生に報告するならどうでしょうか。エルモ様はベクトルが全部自分に向いてしまっている感じです。少し気持ちのベクトルを外(他者)に向けてみてはいかがですか。

原因としては、エルモさんもご自覚なさっているとおり、幼少期に「良い子で我慢していた」ことに依るとは思います。この時の我慢のクセが抜けず、言いたい事を我慢して、自分を押さえつけて、結果ネガティブな思考になってしまう、という悪循環になってしまっていると思われます。

根本的に解決するには、エルモ様に合ったカウンセラーを見つけ、長期的な見方でカウンセリングをして、気持ちをうまく言葉に出す方法、ネガティブな思考のクセを治す方法を身に付けるのも良いかも知れません。

それでもうまく行かない場合は、精神科にかかって抗不安薬の力を借りてもいいと思います。気持ちを落ち着かせてくれる作用がございます。

他の先生方も様々なアドバイスをしてくれていると思いますから。その情報も基に、解決の方法を探してみて下さい。

大丈夫です、きっとうまくいきますよ。

参考になった:17件

回答No:5
投稿日時:2010-08-18 11:28:29
回答者: Counseling Room Allottee(大阪府) 
自信度: ★★★☆☆

エルモさん Counseling Room Allottee 野村です。

とても感受性が強い方なのですね。感受性が強いことはいいことです。

自分が「嫌だ」「主張しないと」と思うと体が勝手に反応し、声が震え涙が出てくるという
症状が起きます。

上記のような事に出くわした時、なぜ嫌なのか なぜ主張しないとと思うのか?

その理由を考えるより先に「嫌」「?しないと」の思考と感情が、エルモさんの感受性

に敏感に働きかけるのでしょうね。

理由や原因を追究しないでいると、またやってしまった・・・と嘆いても解決策は見つか

らない・・・つまり同じ事を繰り返してしまうしまうのです。

エルモさんは、今まで小さい時からそうだったから・・・ですませてきてませんか?

なにかトラウマや幼少時代の影響があるのでしょうか。
本気で改善したいのですが方法はありますでしょうか。

影響は少なからずあるかもしれません。

子供の頃から、いい子で、我慢することが多く、言いたいことが言えない子でもありまし

た。また、プライドが高いと自覚しています。

まず、この辺からエルモさんの「自己理解」を深めていかれたらどうでしょう。

一つ質問です

「すぐに泣いてしまう」とありますが

泣いた後はどんな気分ですか?

泣くのを我慢するために、言いたいこともいえないなど・・・・。

その時の気分と、泣いたときの気分の違いは?

本気で改善したいと書かれていますので、カウンセリングに通われることを

お勧めします。カウンセラーは、エルモさんの全てを受け入れエルモさん自信が

「気づき」を得られるように手助けをします。

思考が変われば感情や行動も変わりますよ。

きっと明るい未来が見えるでしょう。

一歩踏み出す勇気を持ってください。













参考になった:3件

回答No:6
投稿日時:2010-08-18 21:31:54
回答者: LIGHTWORKERS(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

はじめまして

どんな状態にも必ず原因があります。
泣く事によってしか、その状況を乗り切る事ができなかった・・・・
その様な過去があるかもしれません。

プライドが高い
いい子だった
我慢する事が多い
言いたい事がいえない

このような状態は、自分の本当の気持ちを抑圧している状態です
感情は流れるのが普通ですから 流さないでいると おかしくなります。

何かの機会に、溜まった感情が一気に流れ出します。
すぐに泣いてしまうのは、過去溜めてきた 流さなかった(感じきらなかった)感情が噴出しているだけです。

過去の感情の解放を行う事によって、必ず状態は改善されます。
すぐに泣いてしまう事は、悪い事ではなく、自分のバランスを早く取り戻そうとしている状態に過ぎません。
泣いてしまう自分を受け入れ許していけば、ずっと楽になります。

感情に対する自分の考えや判断を改めていくことによって
感情は自由に流れるようになります。
今は、泣けるときにはとことん泣いていく事が大事です。
それを止めれば止めるほど、苦しくなります。
安心して泣ける環境があると、より早く改善されます。

カウンセリングなどを通して、その状態を作ることも、大いに役立つと思います。

本気で自分に向き合えば、必ず改善できます!
それを信じて、前向きに行動しましょう!

参考になった:21件

回答No:7
投稿日時:2010-08-18 21:34:33
回答者: 大阪訪問カウンセリング(大阪府) 
自信度: ★★★☆☆

エルモ様 はじめまして。

「人と関わるときに、なぜか涙が出てくることが多くて、言いたいことが言えない」
「その事から、仕事や日常生活に支障をきたしている」

書き込み頂いた情報だけで、容易にアドバイスするのはカウンセラーとして適切ではないと思いますので、それは控えます。

私か過去に担当したケースをひとつだけ紹介します。
「涙が止まらない」ということで、相談にこられた方がおられました。
原因は、子供の時にご両親から「感情を出すのはいけないこと」「感情を出すのは恥ずかしいこと」という暗黙のメッセージを沢山受けられたことにありました。
今まで、本来出すべき感情に蓋をして生きてこられたようです。

私との面接では、2つのことを行いました。
一つ目は、「いまここ」で感じている「気持ち」を知り、「気持ち」を自己受容する。
もう一つは、過去を振り返り、その時その時で本当に表現したかった感情を新たに体験する。

面接は2年ほど続きましたが、今では自分の気持ちを大事にされ「怒り」「悲しみ」「喜び」などなど、その時その時で、生き生きと自分の気持ちを表現されるようになられました。

参考になれば幸いです。

参考になった:8件

回答No:9
投稿日時:2010-08-18 23:22:19
回答者: 心にゆとりの毎日を(大阪府) 
自信度: ★★★★★

はじめまして エルモさん

心にゆとりの毎日を 東原です。
ご相談、読ませていただきました。永きに渡り苦しまれましたね。
この文章だけでは、
言い表せないことをたくさん経験していると思います。


自分が「嫌だ」「主張しないと」と思うと体が勝手に反応し、声が震え涙が出てくるという症状は、実は誰にでも少なからずあると思います。

しかし、エルモさんのように以上に反応してしまう場合、
「内なる子ども」の癒しが必要かもしれません。

特に小1のとき、小5のときの状況は、
その「内なる子ども」が影響していると思います。

子供の頃から、いい子で、我慢することが多く、
言いたいことが言えない子でもありました。
また、プライドが高いと自覚しています。

これは
幼少時代の育てられ方に影響され、「こうすべきだ」と言う
考え方のクセで自分を縛り付けているのでしょうか。

そして、エルモさん自身「泣く」ことで自分を
落ちつかせているかもしれません。

つまり、エルモさんにとって、
「泣く」ことは自分の守りにもなっていたのです。

無理矢理、変化することは勧めませんが、もう泣きたくないと言う
「気づき」は良いことだと思います。

どうぞ、カウンセリングを通して、自分の「内なる子ども」を知り、
捨てても良いものを見つけ出してください。

そうすれば、泣かずに自分の言いたい事を言えるようになりますよ。

応援したいと思います。

参考になった:6件

回答No:10
投稿日時:2010-08-19 01:05:06
回答者: 一般社団法人 日本ソーシャルセラピストアカデミー(山形県) 
自信度: ★★★☆☆

こんばんは。エルモさん。

たくさんのカウンセラーの方からのメッセージ。きっと、エルモさんのお心に届いていらっしゃることと思います。
僭越ですが、わたくしからもひと言、お伝えさせてくださいね。

エルモさんのメッセージを拝見していて感じたこと。
エルモさん、きっと賢い方なのですね。ひとつひとつの出来事を、ちゃんと覚えていらっしゃるのですもの。
たとえ、それが辛い出来事だとしても、記憶している出来事がいっぱいあるのは、すごいことです。
・・・だとしたら、嬉しいこと、楽しいこと、喜ばしいことも、覚えていらっしゃいますか?
もしかしたら、素敵な出来事は、忘れてしまっているでしょうか?

人って、なぜか、マイナスなことにばかり、目がいってしまうという習性をもっています。
そこにばかり気がとられて、しあわせと感じることに、目が向きにくい。
エルモさんにとって、しあわせと感じることは、何でしょう?

マイナスな感情は、世の中のマイナスは波動の流れに乗って、さらなるマイナスを生んでしまうことが、よくあります。
逆に、プラスの志向は、プラスの波動に乗り、プラスの出来事を呼び込むことがあります。
ラッキーな人って、たいがい、究極のプラス志向の持ち主です。


泣いてしまうことを悩むより、泣き虫なわたしを受けとめて、
「なぜか、わたし泣きたくないのに、涙が出てきちゃうんですよね?」と、オープンにしていってもよいのです。

プライドが高いとおっしゃっているので、難しいかもしれないけれど、プライドが高くて苦しむのは自分。
自分自身の中で、これだけは譲れないと思う大事なものを守るための誇りなら持っていてもよいけれど、自分を苦しめるだけのプライドは、自分から脱ぎ捨てていく方が、ラクになります。

たくさんのカウンセラーの先生方のご意見が、理にかなっていて、素晴らしいものですので、わたくしからは、あえて、別の方向からの投げかけをさせていただきました。

肩の力を抜いて、自分が好きと思える自分になっていってください。
自分を変えることができるのは、自分しかいないですから・・・。

一人では難しければ、ご自身が良しと思えるカウンセラーの方を訪ねてみてくださいね。きっと、よい導きを与えてくださると思います。

ご縁を感じましたら、こちらにもいらしてみてください。

エルモさんの中にある優しさと強さを、エルモさんご自身が見つけ出すことのできますように・・・。 
        


参考になった:10件

回答No:11
投稿日時:2010-08-19 08:45:23
回答者: TAO心理カウンセリング学院(神奈川県) 
自信度: ★★★☆☆

エルモ様
はじめまして。
TAO心理カウンセリング学院の津田と申します。

自分の気持ちとは逆に、身体が勝手に反応して涙が出てこられるのですね。
いろいろな先生方がアドバイスをされているので、参考にされるといいと思います。

私的には催眠療法が適しているのではないかと思います。
幼少時代のトラウマが影響しているかもしれません。
そういったときに、催眠療法は有効だと思います。

もし、催眠療法でうまく解決しないような場合は、行動療法を行われるといいと思います。
まずは、催眠療法をお受けになられてみてはいかがでしょうか?

参考になった:1件

回答No:14
投稿日時:2010-08-19 22:48:42
回答者: セラピーラボ プリマヴェーラ(神奈川県) 
自信度: ★★★☆☆

はじめまして
セラピーラボプリマヴェーラの江見と申します。

私も子どもの頃から泣き虫で、今(40代)も涙もろく、感動ものの映画やドラマは号泣ししてしまいます。

エルモさんの深刻な状況はお察しいたします。

こちらに回答をよせられているカウンセラー、セラピストの方々が仰っているように、
カウンセリングを受けられるのをご提案します。

もちろん療法も重要ですが、エルモさんがリラックスしてお話しができるカウンセラーを見つけてください。そして、カウンセリングを継続してください。

私からは、感情についてお伝えしたいと思います。
感情は領域が広いんです。
生理、学習、認知、発達、社会、健康、臨床など。それは、人間の行動のあらゆる側面に感情が関与しているからだそうです。

昔は「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい」といった理論も出ていたそうです。
現在は、生理反応、感情体験、認知評価の三者がそれぞれ影響し合っているようです。

生理反応(身体反応)を例にすると、自律神経への刺激があると考えることができます。私であれば、交換神経や副交感神経を調整している視床下部へはたらきかけるアロマテラピーを取り入れます。
あくまでの最初のアプローチですが、、、。

一日も早く解決されますように。



参考になった:2件

回答No:15
投稿日時:2010-08-21 16:24:18
回答者: I・Yホーム(神奈川県) 
自信度: ★★★☆☆

エルモさん、はじめまして。山仲と申します。

小学生の頃のトラウマでは?・・と感じておられるようですが、
まだこれくらいのころはうまく自分の感情、いいたいことを言葉で
表現するのにとぼしく、泣いてしまう・・というのは無理もないことです。

それにはとらわれすぎないほうがいいのではありませんか?
プライドが高い、我慢する癖がついていたり、と
自分を押さえ付けてるところも多いのかしれません。

逆にいえば、泣くというのはストレス発散のひとつでもあります。
感情のままに、泣いてもいいところ・・
映画かんで悲しい場面とか、思い切り泣いて発散するのも
いいです。
泣いてはダメだ・・と自分をおさえこまないでくださいね。

ネガティブ思考から自信のもてる自分になりたい・・とのことですが
仕事や日常ですから、どういう時にどう考えたりしてしまうのか、
実際にメモにとったり、自分の行動、考え方をみつめてみるのも
役だつかもしれません。
自分の考えだけではからまわりしてしまうことも多いですから、
お近くのカウンセラーさんに相談して

もっと柔らかい考え方でいいんだ、と自分を肯定できる方向へ
心を解放していってくださいね。

参考になった:1件

回答No:17
投稿日時:2010-08-23 17:33:45
回答者: カウンセリングオフィスin北九州office hayakawa(福岡県) 
自信度: ★★★☆☆

office HAYAKAWAの早川と申します。

それは、さぞお困りでしょう。

あなた様は、小さい頃から、「泣いちゃいけない」と思ってきたのではないですか?

泣いていいんですよ。

悲しみを感じ、泣くということは自然で、とても大切なことです。

まず、今溜まっている感情を出す事が必要です。

今まで、すぐ泣いてしまうご自分を抑えるのはきつかったことでしょう。

苦しかったことでしょう。


すぐに泣いてしまうというのは、

仰るとおり、幼少時代の経験が元になっている可能性が高いと思われます。

それを解決するのは充分可能です。

私どもが行うカウンセリングでも解決可能ですが、お近くで、

あなた様が安心できて信頼できそうなカウンセラーに、カウンセリングを依頼されてください。

何か聞きたい事などございましたら、いつでもメールしてください。

あなた様が、自由に主張したり「嫌だ」と言えるようになれますよう、心より願っております。

参考になった:6件

回答No:19
投稿日時:2010-08-25 15:46:59
回答者: 悩み相談のスマイルフレンド(埼玉県) 
自信度: ★★★☆☆

掲示板にご相談いただき、ありがとうございます。

おそらく、「嫌だ」「主張しないと」という状況になると、
「泣いてしまうのではないか」という不安がよぎり、
実際に泣いてしまうという経過をたどっているのではないでしょうか。

そうだとすれば、私たちであれば、そのような状況になってしまったときのことを
思い出してもらったり、報告してもらったりした上で、一緒にその状況について
どう捉えることができるかを考えていきます。そして、相談者さんが認識して
おられるほど恐れるべき状況ではないということを確認していきます。

この方法ですと、すぐに治るということはないでしょうが、ゆっくり、着実に
前進を感じられると思います。

相談者さんの今後の幸せを祈念しております。

参考になった:1件

回答No:21
投稿日時:2010-09-08 10:05:38
回答者: 賢者の杖(千葉県) 
自信度: ★★★☆☆

エルモ様

初めまして、「賢者の杖」の松浦です。

体が勝手に反応して泣いてしまうのですね。
その為、言いたいことも言えず、ストレスを感じているのですね。

子供の頃から、ということですので、
ご自身でも考えていらっしゃるように、
幼少時代の影響がある様に思われます。

この場合は、カウンセリングをお勧めします。

一人で解決するのは、難しいですし、苦痛も伴います。
ご自身の心の内を全て打ち明けても大丈夫だと思われる心理カウンセラーの方を選んで頂けることをお勧めします。

勇気を出せば改善いたします。
安心して治療を行ってくださいね。






参考になった:2件

回答No:22
投稿日時:2010-09-26 16:21:59
回答者: 一二三廊(神奈川県) 
自信度: ★★★☆☆

エルモ様

はじめまして、一二三廊と申します。

はっきりと断言はできませんが、何か自信、胆を据えるテーマが現世でおありのように見受けられます。

30代は自分という人間を形成し、認識していく過程の大切な時期ですので、様々な変化があると思われます。そして人に良く思われたいなど人目が気になるのはプライドだと思います。

エルモさんの場合はプライドを取り去ることが大きなヒントになりそうです。人に良く思われたいために生きる自我ではなく、エルモさんにはエルモさんだけのこの世に生まれた使命(カルマ)があります。おそらく現在のお悩みがそのカルマ(自己が乗り越えられていない又は作り出してしまった因果)解消のためにその自我のプライドを乗り越えることが使命のおひとつなのでしょう。

人目よりも自分の内面を磨く、つまり、自分を自分で縛り付けてるプライド(自我)から自己を解き放つことで素直に人の話を聞けるようになり、何事にも計画性を持ち、自分の個性に自信をもって生きることに目をむけられると、自分の意見もはっきりと表現できていける様になられるでしょう。
何よりご自分に自信をもてると肝が据わってきます。そしてそれが素直さに繋がっていきます。とても楽になられると思います。難しいかもしれませんが、ゆっくりと時間をかけて素直な心を呼び覚ましていくことを心がけてみてください。

参考になった:8件



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。