HOME > 東京都

心理カウンセリング登録数

2392 件掲載中
2017/05/27 15:14現在

東京都



更新情報

東京都多摩市の心理カウンセリング

東京都多摩市の心理カウンセリング、江波戸武士の悩み相談さんの登録写真 江波戸武士の悩み相談さんを掲載しました。

東京都渋谷区の心理カウンセリング

東京都渋谷区の心理カウンセリング、ワークメンタルカフェさんの登録写真 ワークメンタルカフェさんを掲載しました。

東京都世田谷区の心理カウンセリング

東京都世田谷区の心理カウンセリング、オンラインセラピー「幻想恍惚」さんの登録写真 オンラインセラピー「幻想恍惚」さんを掲載しました。

兵庫県芦屋市の心理カウンセリング

兵庫県芦屋市の心理カウンセリング、エメラルドルームさんの登録写真 エメラルドルームさんを掲載しました。

香川県高松市の心理カウンセリング

株式会社Dream・Giverさんを掲載しました。
更新情報

心理カウンセリング モバイル
心理カウンセリング
モバイル版


東京都の心理カウンセリング 一覧



OFFICE MAEDA

所在地 東京都小平市学園東町2-14-24 
診療内容 心理カウンセリング  ストーカー、性暴力、DV、離婚、夫婦、恋愛問題
担当者 前田
連絡方法 担当前田にメールする
PR ストーカー専門のカウンセリングを実施しています。ストーカー被害者はもちろん、ストーカーをやめたいがやめられないなどのカウンセリングに特化してカウンセリングを行なっております。 また、当ルームは、行政書士事務所・探偵事務所の運営ですので、心理カウンセリング以外のご相談も承りますので、お気軽にご相談下さい。

名無しさんの心理カウンセリング

所在地 東京都中野区弥生町1-21 
診療内容 依存症(アルコール依存,薬物依存,買い物依存,窃盗癖(クレプトマニア),性依存(性嗜好障害),共依存,DV/ストーカー) アダルトチルドレン
担当者 名無
連絡方法 担当名無にメールする
PR 《はじめまして》 「名無しさんの心理カウンセリング」は、「名無しさん」のための心理相談所です。 当心理相談所では、相談者様が匿名でカウンセリングを受けることができます。 あなたの大切な個人情報を守るため、心の内に秘めた色々なことを安心してお話していただくために必要な配慮だと考えました。(もちろん、特に匿名でなくても良いという方は本名・素顔でカウンセリングを受けることもできます) 言いたくないことは言わなくても大丈夫です。無理に聞いたりもしません。 あなたが話したいことを、あなたのペースで自由に話してください。 《必要なのはお名前とメアドだけ》 「名無しさんの心理カウンセリング」での相談時に必要なのは、 お名前(便宜上の呼び名が必要なため/ニックネーム可) メールアドレス(ご予約の際などに必要なため/フリーメール可) この2つだけ。 原則としてカルテを残すなどということもしていませんので、あなたの大切な個人情報が外部に漏れることはありません。 「名無しさんの心理カウンセリング」では、徹底してあなたのプライバシー&プライベートを守ります。 ※矯正(更生)プログラム等を実施する際は、ご自身で教材(ファイル)を管理していただく場合があります。 ※その他特別な事情でカルテ作成等が必要な場合は必ずご本人様の同意の上で行なっています。 《依存症/アダルトチルドレン克服ならお任せください》 当相談所は依存症、アダルトチルドレンからの克服を専門としています。 「依存症」とは、日常生活に支障をきたしているにも関わらず、飲酒や薬物の使用・ギャンブル・買い物などにのめり込み、それがやめられず、自分の力だけではどうにもならない状態になってしまった状態です。 依存症は、適切な心理療法で克服することができます。 「名無しの心理カウンセリング」は依存症からの真の克服をサポートする専門の心理相談所です。安心してご相談ください。 依存症は、代表的なアルコール依存症だけではなく、近年は様々な依存症が増えています。 物質にはまっていく、アルコール依存症、薬物依存症、ニコチン依存症。 行動にはまっていくギャンブル依存症、(浪費・パチンコ)、窃盗癖、買い物依存症、性嗜好障害(性依存症)。 人間関係にはまっていく、恋愛依存症、暴力(DV)、ストーカーなどがあります。 依存症、アダルトチルドレンでお悩みの方はお早めに御相談ください。 《ご予約・お問い合わせ》 直接メール(info@nanashi3.com)にてご連絡いただくか、公式サイト(http://nanashi3.com)内、お問い合わせページよりご連絡ください。 ※心理カウンセリング.com経由のお問い合わせは、返信が大幅に遅れる場合がございますのでご注意ください。
求人情報 ライティングスタッフ募集(心理系記事/体験談など)

はちが整体院

所在地 東京都中野区東中野1-54-3 OSフラッツ201
診療内容 自律神経失調症 頭痛 偏頭痛 不眠 肩こり 首こり 首の痛み PMS(月経前症候群) 更年期障害 うつ
担当者 八賀千枝
連絡方法 担当八賀千枝にメールする
PR 当院は、お身体の歪み改善とカウンセリングにより、自律神経系の不調を改善していくのが得意です。自律神経失調症・うつ病・不眠・息苦しさ・めまい・耳鳴り・原因不明の頭痛・PMS・更年期障害等でお悩みでしたらぜひ一度ご相談ください。 女性セラピストによる女性専門院です。

女性専門 さいとう優嬉のカウンセリング

所在地 東京都千代田区五番町2 横山ビル4F (市ヶ谷駅から1分)
診療内容 何をやっても、どこに行っても効果を感じられなかった方のための「女性専門・心理カウンセリング」です。 あなたの言葉にならない声に心を合わせ受け止めます。そして、年齢、体調、家族構成、環境など総合しながら、ライフステージに合わせた癒しと自己実現へと導きます。
担当者 さいとう優嬉(ゆう)
連絡方法 担当さいとう優嬉(ゆう)にメールする
PR 開業28年、15000件の実績。こころと人生のことなら、私にお任せください。 「恋愛」,「仕事」,「人間関係」のストレスについて多く方々とカウンセリング行ってきました。 それを活かして各相談やメンタルケア、各心理療法を行なっています。 ~~~~~~ 私は30代に別居、そして離婚を経験。不本意ながら、シングルマザーの道を選びました。 本当にこの選択でよかったのか?後悔と不安に押しつぶされ、気づけば身も心もドン底に…。 そんな時、深層心理を扱う最先端のカウンセリングに出会い、周りも驚くほど生き方が一変! 人は「人生のターニングポイント」をしっかりと見極めることで、何歳からでも必ず幸せになれることを確信。 今ではその時に得た多くの学びを、セラピーへと活かしています。

女性専門 復縁カウンセリング

所在地 東京都千代田区1 
診療内容 復縁カウンセリング(面談・電話)
担当者 小林明日香
連絡方法 担当小林明日香にメールする
PR  自らの恋愛・復縁の経験と豊富なカウンセリング実績で、多くの女性の恋の悩みを解決してきました!  私のカウンセリングを受けて、女子力がUPし、女性として自信が持てるようになったと、沢山のご感想をいただいています。  ・ 気になる男性がいるけど、なかなか一歩踏み出せない方  ・ 彼氏がいるけど、喧嘩が絶えなくてつらい恋愛をしてる方  ・ 別れてしまったけど、前の彼と仲直りしたい方。  は、是非私のカウンセリングにお越しください。私のカウンセリングで、  ・ 女性として自信が持てる。  ・ 気になる彼から告白される。  ・ 大好きな彼氏とラブラブな関係になる。  ・ 忘れられない元彼と仲直りできる。  メソッドをドンドンお伝えしていきます。  あなたとお会いできることを楽しみにしています。  復縁心理カウンセラー 小林明日香

カウンセリングルームゆじゅ

所在地 東京都港区 
診療内容 カウンセリング(心理療法) リストラティブヨガ×カウンセリング リストラティブヨガ コラージュ オリジナルハーブティーブレンド
担当者 小林 ゆじゅ
連絡方法 担当小林 ゆじゅにメールする
PR JR品川駅徒歩5分の所にある女性専用のカウンセリングルームです。カウンセリングとヨガを合わせて、心と体の両方にアプローチしていくのが特徴です。 相談者の方が自分で生きる力を、カウンセリングで、ヨガで、ハーブでよみがえらせることができるようにサポートします。 まずヨガ道具に身をまかせて、体に負担をかけずに体の緊張を緩め、心をリラックスさせます。そしてハーブティーを飲みながらカウンセリングを行います。カウンセリングが先で、次にヨガを行うことも可能です。

オンラインセラピー「幻想恍惚」

所在地 東京都世田谷区
診療内容 孤独感、空虚感、喪失感、居場所のなさ、対人関係の悩み、生きる目的がわからないetc... こうした問題をご一緒に解決していく、オンライン(メールやLINE)でのセラピーを実施しています。
担当者 みずひ
連絡方法 担当みずひにメールする
PR 人は孤独であり、人生には多くの喪失が伴います。 その苦しい日々を生き抜くためには、自らの”世界の見方”を変えていく必要があります。 生命科学と心理学のバックグラウンドを持つセラピストが、 心理と認知・行動理論の両輪で、世界の見方を変えていくお手伝いをいたします。 一人で戦うのに疲れてしまった方の、お力になります。

ワークメンタルカフェ

所在地 東京都渋谷区幡ヶ谷3-39-12 渋谷ウェストビル1階
診療内容 ・職場の人間関係の悩み、ストレス、不安の解消 ・人の生き辛さの解消 などのメンタルコントロール術。 気持ち、感情のコントロール方法の提供
担当者 頓宮穣爾
連絡方法 担当頓宮穣爾にメールする
PR 警察官として30年間のべ5300人以上の人生岐路に携わりの経験。児童から会社社長、不良ヤンキーから教授までOK また自身も1級障害者の復職、無関心の疎外感、うつ病、7回全麻手術、上司部下の発達障害、揉めない離婚を経験スキルもあるマイノリティー。 コーチング・カウンセリングのプレミアムカウンセリング開発した会社代表取締役の上級心理カウンセラー。

江波戸武士の悩み相談

所在地 東京都多摩市1-43 京王プラザホテルロビーラウンジ   http://www.keioplaza.co.jp/tama/restaurant/list/duet
診療内容 自信がない自分を変えたい 自分を好きになりたい
担当者 江波戸武士
連絡方法 担当江波戸武士にメールする
PR 心理カウンセラー 江波戸武士 誕生日:1975年3月20日 出身地:東京都練馬区 学歴:ゴールデンゲートユニバーシティー、アメリカ大学院で修士課程修了(心理学) 経歴:心理カウンセリング、コーチング、留学生カウンセリング、お年寄りのお手伝い、ホームレスにご飯を配る活動など。 =============================== 自分が本当に感じた気持を誰にも言えずに、心の奥底に隠してしまったことはないでしょうか?子供のとき親に感じたネガティブな感情や心の傷など、今まで表に出すことなく自分だけの秘密にしておいたことがあったら、それははき出してしまいましょう。表現することなく抑え込んでしまった感情は、あなたがフルに才能を発揮し、自由に生きることを邪魔することがあります。 いじめられた経験があるけど、仕返しが怖くてそのことを誰にも言えずに1人で悩んでいた。親の暴力の被害にあっていたけど、「誰にもそのことを話すな」と言われていたなど、辛くて助けて欲しいと思っても周りに助けを求められない環境というのは多くあります。 自分が感じたことを表現できないと、私達の自己評価は下がってしまいます。「自分は価値のない人間だ」と、無意識レベルで感じ始めます。不安や恐怖などを感じても、それを聞いてくれる人がいないと、そのネガティブな感情を自分自身で対処しなくてはいけなくなります。それは、まだ問題解決能力が備わっていない子供にとって、あまりにも大きな負担となります。結果、その苦しみから解放されようと、「こんなことを感じる自分がおかしいんだ」と自分自身の気持ちを否定するようになってしまうのです。 私の父親はお酒を飲んで暴れることがよくありました。私は子供のころ、何度となく酔っ払った父親に殴られた経験があります。父親は何かしらの理由をつけて殴ってくるのですが、子供の私にはその理由がまったくわかりませんでした。子供ながらに「絶対に悪いことをしていない」という確信がありましたので、どんなに殴られても決して謝りませんでした。なので、私は鏡を見ても自分の顔だと分からなくなるぐらいまで殴られました。 両親はこの事実を誰にも知られたくありませんでした。だから、顔の腫れがひくまで学校を休まなくてはいけませんでした。子供の私も何となく、「このことは誰にも言ってはいけないんだな」と感じていたので、学校を休んだ本当の理由は誰にも言いませんでした。自分の感じた悔しさを抑え込めば、全てがうまくいくと判断したのです。 子供の頃の私はいつも親に怒りを感じていました。誰にも本当のことを言えないという孤独感も感じていました。しかし、私は自分が本当に感じていることは言わない方がいいと思いました。「本当のことを言ってしまうと、周りの人が困ってしまう」と感じたからです。「何があっても誰にも言わない」「全て自分で解決しよう」と子供ながらに決断しました。そして、そんな自分の強さに誇りを感じていました。 それからの私はどんな問題を抱えようと、誰にも相談することはありませんでした。「自分のことは自分で解決する」「他人に相談したら迷惑をかけてしまう」という思いで生きていました。私は自分に自信があると思って生きていました。 しかし、30を過ぎたあたりから突然、私の精神状態に変化が現れました。理由が分からない不安に襲われるようになったのです。毎日が「このままでいいのかな?」という恐怖で埋め尽くされるようになってしまいました。そのときまで私は、強くて自信があり、決断力があって自立した人間だと思っていました。だから、もちろん、それまでの人生に後悔などないと確信していました。 「この気持はどこから来るのだろうか?」と、長い間考えました。そして、答えは私の子供時代にあると分かりました。私は子供の頃から周りの大人に気を遣い、自分が心から求めることを言わない習慣がついていました。欲しいものがあっても値段が高いと、「親に負担をかけないように」と安い方を選んだりしていました。なぜなら、私の両親はいつもお金のことでケンカをしていると知っていたからです。 何をするにも私の判断基準は、「親の精神状態を乱さない」ということでした。私は「本当の自分」を見せないで生きてきたのです。私は自分の存在を消すことによって、家族の安定を保っていました。 私は長い間、「自分が心からやりたいこと」「自分が心からなりたい自分」を無視して生きてきました。自分のニーズより他人のニーズを優先してきた結果、私の自己評価はズタズタになっていました。自分を無視するということは自分を否定すること、つまり「自分は価値のない人間だ」と言っているのと同じことです。それでは自己評価が下がるのは当然のことです。 それからの私は自分の自己評価を上げることに専念してきました。自己評価を上げるには、自分自身を大切にする必要があります。それには、自分が心から望んでいることを叶えていくことです。しかし、長い間、自分の欲求を抑え込んで生きてきた私にとって、自分が心からやりたいことを見つけることはとても難しいことでした。なぜなら、何をするにも、「こんなことをしたら怒られてしまう」とか、「こんなことをしたら周りにバカにされてしまう」などの不安が出てくるからです。 しかし、何か新しいことを始めなければ、それまでと同じような人生が続いていきます。そこで私が取った行動は、「ありのままの自分を出して、認めてもらうことによって自信をつけていこう」というものでした。私は絶対にジャッジしない安全な人(カウンセラーを含む)を選んで、自分の過去を話すようになりました。私は子供の時から抑え込んできた「弱い自分」「怒っている自分」「褒めて欲しい自分」など、自分の全てを正直にシェアできる関係を築いていきました。 自分が本当に感じていたことを話すということは、大したことではないように思うかもしれませんが、実はもの凄く効果があります。私はそれをすることによって、自分に対する罪悪感や、「自分はどこかおかしいのではないか?」などというネガティブな感情から解放されました。他人に話すことによって、心の中に乱雑に抑えこまれていた感情が整理されるのです。なぜなら、他人に自分を話すということは、自分を客観的に見るということだからです。 怒りや孤独感などのネガティブな感情も自分の一部です。だから、「こんなことを感じてはいけない」と否定するのではなく、大切な自分の一部だと認めてあげることが必要なのです。他人に話すことによって、それが可能になるということです。 あなたも過去の私みたいに、「こんな自分は許せない」などと思ってしまうことはないでしょうか?他人の目を気にして、自分の本音にフタをしてしまうことはないでしょうか?自分のことより他人のニーズを優先してしまう癖はないでしょうか?「自分の本当の気持を伝えたら嫌われてしまてしまう」という不安はないでしょうか? もしそうなら、少しずつでも「ありのままの自分」を解放していくことをオススメします。どんなことを言っても絶対に自分のことを評価しない安全な人を選んで、「ありのままの自分」を出していく練習をしていきましょう。自分の本当の気持ちを抑え続けても消えてなくなることはありません。むしろ、それは膨張し続け、受け入れられるまで不安という感情を使ってあなたを苦しめてきます。良いところもダメなところも全て自分だと受け入れることで、あなたは楽になり自由を感じられるようになるのです。


インターネットで宣伝したい心理カウンセリングさん、募集中です。

登録料、維持費は一切掛かりません。 ホームページが無くでも掲載できます。
■無料掲載お申し込みはこちらからどうぞ!



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。