HOME > 山梨県 > 北杜市 > ウエマツ自然療養センター

心理カウンセリング登録数

2430 件掲載中
2017/08/17 00:05現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

埼玉県加須市の心理カウンセリング

ハート・ネット・カウンセリングさんを掲載しました。

東京都新宿区の心理カウンセリング

日本カラーアートセラピー協会さんを掲載しました。

栃木県那須塩原市の心理カウンセリング

らくらく空間 とわむさんを掲載しました。

秋田県大仙市の心理カウンセリング

秋田県大仙市の心理カウンセリング、心のほっと相談室さんの登録写真 心のほっと相談室さんを掲載しました。

兵庫県神戸市の心理カウンセリング

兵庫県神戸市の心理カウンセリング、ヒーリングバルコニー・アクアマリンダストさんの登録写真 ヒーリングバルコニー・アクアマリンダストさんを掲載しました。
更新情報

心理カウンセリング モバイル
心理カウンセリング
モバイル版


ウエマツ自然療養センター

山梨県 北杜市の心理カウンセリング、ウエマツ自然療養センターのイメージ画像 ウエマツ自然療養センターは八ヶ岳南麓の自然豊かな場所にあり、外来治療では、検査に基づき、カウンセリング、手技療法を中心とした 処置を行い、食事など生活習慣の指導を行います。
滞在治療では、 標高800m~ 1,000mの高原に滞在して、生活行為のすべてを利用しながら、バランス の崩れた心と体を根本から立て直す療法を行なっています。

カイロプラクティック・食事療法・森林療法・ノルディックウォーキング・気功・温泉療法・カウンセリングなどを組み合わせた療養プログラムを行います。
また、依存症や発達障害など最近、報酬欠陥症候群と呼ばれる障害に対して科学的に効果が証明されている、ニューロオリキュロセラピーやアミノ酸療法も行っています。
センター長の植松 誠二はDr. Kenneth Blum, Ph. D.とDr. J. M. Holder, D. C., M. D., Ph. D.によって開設されアディクション及び強迫性障害・発達障害に対処する専門家を育成するプログラムを受講し、薬物療法に頼らない世界最先端の自然療法を習得しています。
屋号: ウエマツ自然療養センター
所在: 山梨県北杜市高根町村山北割1098-3 
診療内容 依存症(薬物・アルコール・ギャンブル・セックス・ゲーム・インターネット・食べ物など)・うつ・パニック障害・摂食障害・発達障害・自律神経失調症・更年期障害など
診療料金など 初回 8.640円
2回目以降 4.320円
診察時間: 月~金  :9:00~19:00
土・祭日 :9:00~15:00
日    :休み
URL: http://www.u-chiro.com/
メール連絡: 担当植松 誠二にメールする
担当者: 植松 誠二
連絡先: 0551-47-4585
※営業・勧誘電話はお断りします。
求人情報: 現在登録がありません
山梨県 北杜市の心理カウンセリング、ウエマツ自然療養センターのイメージ画像2

山梨県 北杜市の心理カウンセリング、ウエマツ自然療養センターのイメージ画像3



アクセス情報



教えて掲示板への回答

「今の症状に嫌気」への回答 [2016年6月7日]


初めまして。ウエマツ自然療養センターの植松と申します。 ご相談の強迫性障害は、アディクション(依存症)の中の1つと考えられます。 アディクションとは大きく分けて仕事、食べ物、セックス、ギャンブル、薬物の5種類あり、全て一つの病気の異なる症状であると考えられます。強迫性障害、アルコール中毒も、万引きも...続きを読む


「自分を変えたい」への回答 [2016年6月6日]


初めまして。ウエマツ自然療養センターの植松と申します。 ご相談の症状から考えられるのは、アディクション(依存症)の中のギャンブルアディクションと考えられます。 アディクションとは大きく分けて仕事、食べ物、セックス、ギャンブル、薬物の5種類あり、全て一つの病気の異なる症状であると考えられます。アル...続きを読む


「僕は露出症で今すぐ治したいです」への回答 [2016年6月4日]


初めまして。ウエマツ自然療養センターの植松と申します。 ご相談の症状から考えられるのは、アディクション(依存症)の中の性的アディクションの1つと考えられます。 アディクションとは大きく分けて仕事、食べ物、セックス、ギャンブル、薬物の5種類あり、全て一つの病気の異なる症状であると考えられます。アルコー...続きを読む


「外出をしていると突然手を洗いたくなります。」への回答 [2016年5月19日]


初めまして。ウエマツ自然療養センターの植松と申します。 ご相談の症状から考えられるのは、私も強迫性障害であると考えます。 強迫性障害と仕事、食べ物、セックス、ギャンブル、薬物の5種類のアディクションは全て一つの病気の異なる症状であると考えられます。アルコールも、万引きも、覚醒剤も、モルヒネも、ADHDも...続きを読む


「逃げる理由がほしい」への回答 [2016年5月15日]


はじめまして。ウエマツ自然療養センターの植松です。 カウンセリングも含めた、ホリスティック医学の観点からお答えさせていただきます。 お話しから考えると、うつ症状はあるようですが、うつ病とは違うような感じですね。どちらかといえばアディクション(依存症)が強い感じがします。 アディクションには、薬物...続きを読む



ページの先端に戻る



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。