教えて掲示板の質問

「眠る前の幻聴や視覚的なフラッシュバックについて。」に関する質問

  • 相談中

肴さん

質問させていただきます。
子供の時からのことなのですが、眠る前に日中に聞いた人の声が聞こえたり、眠る直前に嫌なものを思い出し、視覚的に出てきて目をつぶれないことがあります。

声については、はっきりと誰のものだかわかります(なので、霊的なものではないと思います)が内容は分かりません(責められていることが多いですが、はっきりと言葉では聞こえないです)

視覚的なものについては、怖いもの、汚いものがリアルに浮かんできて、目をそらしたくてもできずに目を開けてしまい眠れず、入眠に時間がかかることがあります。

子供の頃より、また若い頃より少なくなってきてはいますが、未だにあり(疲れている時や、次の日早い時など)音楽を聴いて気をそらせたり、ヨガをしてみたりしていますがなかなか辛いです。

病気の可能性や治療法なども含めて教えていただけると嬉しいです。

違反報告

2017年12月2日 10時25分

教えて掲示板の回答

こころの相談室 おうみ

眠る直前ということなので、半分寝ていて夢を見ているような状態なのだと思います。寝たり起きたりまた寝たりという微妙なオンオフが続いているだけです。ただ、入眠しにくいのは辛いでしょうから、翌日が早いときなどのために、いつもお行きになる普通の内科で睡眠導入剤を処方してもらえないか相談してみてください。もちろん心療内科のクリニックなどでもよいです。

違反報告

2017年12月6日 16時11分


お礼コメント

コメントありがとうございます。

夢はよく見るので、そうかもしれないですね。
睡眠導入剤は、内科でもらえるのですかね?
聞いてみます。

ありがとうございました。

2017年12月6日 20時23分

追加コメント

普段によく行っている内科であれば出してくれると思います。はじめていくような内科だと断られるかもしれません。そういう時は心療内科のクリニックを受診してください。寝付きが悪く、入眠時に悪夢を見てまた起きてしまって睡眠不足になって翌日の仕事に支障があることを説明すれば良いと思います。

2017年12月6日 20時23分

カウンセリングルーム Hug

肴さん、はじめまして。
カウンセリングルームHagのひろみです。

お悩み拝読させていただきました。
私は医者ではないので、カウンセラーの立場から感じたことをお話させていただきますね。

まず、最初に感じたことは肴さんはとても感受性が豊かで、とても繊細な方でいらっしゃるのではないかなという事です。
そのためストレスも溜め込みやすいのではないでしょいうか?
この様な事が幻聴やフラシュバックの要因のひとつだと考えられるのではないでしょうか。

ただ、子供の頃より徐々に減ってきているようなので、今後のまわりを取り囲む環境や肴さんご自身の考え方の
変化などにより落ち着いてくる可能性が高い様な気がします。

とは言え、睡眠に影響があるのは辛いですね。
寝る時にまた嫌なものが見えるかもしれない、聞こえるかもしれないというような先入観を
持たないようにコントロールできるようになると、状況は好転するような気がします。

私の考えをお話させていただきました。
良かったら参考にされてください。
また、その後の経過を教えてくださいね。

カウンセリングルームHag
   https://hug-together.jimdo.com/

違反報告

2017年12月6日 15時28分


お礼コメント

コメントありがとうございます。

寝る前の心理状態をコントロール出来れば本当に良いと思います!!
いろいろ方法を考えてみます!

ありがとうございました。

2017年12月6日 20時21分

心のサロン Cafe de therapy de So Pretty

肴さま、初めまして^^

ベッドに入るの憂鬱になってしまいますよね、、
私は昔、悪夢見てばかりでしたので お気持ちわかります。。

これまでのことなどを詳しくお聞きしていないので
予想になりますが、もし府に落ちれば是非実行されてみてください!

私はヒプノセラピーをさせていただいておりまして、
脳 というのは 実際に経験した事と、テレビや映画で疑似体感した事、あるいは自分で想像した事、
の区別がつきません。

よって、それらに接して意識に溜めてしまうほど、
さらにそれらを引寄せてしまうものでなんです。。

その知識なくして怖いものなどを、意識することなく心に溜め込んでしまわれ、
潜在意識に溜まったそれらが うとうととなる機会に浮き上がってくるのかもしれないと考えました。

ではどうしたらよいのか??

「積極的に」、逆の明るく嬉しい思いになれること、肴さんが好きなこと、
を、寝る前だけでなく 起きている間中 選び続けて集めていくことです!

人の責めるような声が・・・は、
一方的な他者の声や思いを、「ハッピーな思いでいたい!いよう!」との自分自身を大切に思う強い意思を持たないところ、扉を開けたまま どうぞどうぞと取り入れてしまってこられたように思われます。

肴さまはおそらく 楽しく生きていらっしゃると思いますが、
今一度、私の心が喜んでいるか?? を感じてみてあげる、
よいチャンス!と考えられて、
酷いようでしたら病院へ通われながら、以上のこと、どの人にも無駄なことではありませんので是非意識されてみてください!

その日のニュースでも、ネガティブなものはチャンネル変えてしまってよいんです、、
笑えるコメディーをたくさん見るのもいいです。

また、脳の働きでこのようになることは珍しくはないそうで、
・・脳の記憶を反芻しながら整理しているとか・・
酷いようでしたら病院へ相談されるのもよいとは思いますが、
寝る前だけとのこと、、あまりお薬の服用は 副作用の方が個人的には心配です。。

深い意識の修正や、溜めたものを浄化したりすっきりさせたりするヒーリングもしておりますので、
一度ご相談いただけるのもよいかと思います。

違反報告

2017年12月6日 10時40分


お礼コメント

コメントありがとうございます。

母の影響からか、怖いニュースや映像などに惹かれてしまうようです。(母は大好きですが私は苦手だと一人暮らしになってから気づきました)
楽しいことを意識的にですね…やってみます!

ありがとうございました!

2017年12月6日 20時13分

メンタルヒーリングルーム

肴さん、初めまして。

そうだ内容を拝見しました。

幼少期からの辛い記憶体験からくる
フラッシュバックですね。

この辛い心の傷を浄化しない限り、
いくら、まぎらわし行為、対処療法をしても
なんら根本解決にはなりません。
必ず再燃します。
すでに実感していますよね。

解決方法ですが、心の悩みに効く薬はありません。
自分自身に向き合って、より自分というものを知って
理解していくプロセスが必要です。
それを可能にしてくれるのが心理療法です。
様々なものがあります。

肴さんにあった方法、そして肴さんと相性の合う
専門家のサポートを受けながら進めるのが良いです。

違反報告

2017年12月5日 18時54分


お礼コメント

コメントありがとうございます。

気を紛らわす事でなんとかなるときと、どうしようもない時がありますね…。
心理療法の種類など調べてみます。

ありがとうございました。

2017年12月6日 20時09分

New心理カウンセリング

>霊的なものではないと思います

いいえ。
おそらくあなたは霊感が有る(霊媒体質)ではないかと思います。
霊媒体質の人では類似した事を体験する事は良く聞きます。

だた、その様な事が起きるのは個人差が有りますので、一様ではないのです。
ですから、あなたはその事を受け入れてあまり重く感じない様にして時には「受け流す」様にしていると気分的に楽になると思います。

ですが、それにあまりにも拘り過ぎると「パニック障害」や「うつ病」に移行してしまう可能性が有るので、深刻にならないでください。

それから、あなたの様な体質の人は「霊媒師や占い師」によくおります。

他に質問等が有りましたら、メールをしてください。

違反報告

2017年12月5日 10時03分


お礼コメント

コメントありがとうございます。

霊媒体質ですか!!いままでほぼ縁なく過ごしてきたのでびっくりです。
受け流すですね…頑張ってみます。

ありがとうございました。

2017年12月6日 20時05分

Dr. Lilyの恋愛クリニック&元気が出るエステ

肴さん、こんにちは!
Dr. Lilyの恋愛クリニック&元気が出るエステのDr. Lilyと申します!

私が思ったことは、肴さんはとても感受性が強く、繊細な人であること。
また心配なのは、その影響で睡眠不足になっていないかと言うこと。
睡眠に関しては個人差はあれど、6時間くらい取れていれば問題ないと思われますし、
もっと少ない中で社会生活を送られてる方もいっぱいいらっしゃいます。
また、日中に仮眠など取れているのならば、短時間睡眠なりにバランスが取れていると言えます。

肴さんがもし、ベッドに入ってから入眠までに2時間以上かかり、
毎日平均で5時間も眠れていない状況がしばらく続き、
社会生活にも支障をきたすようであるなら、睡眠導入剤に頼ってみるのもアリかもしれません。

さて、肴さんを悩ませているフラッシュバックについてです。
私が提案する解決方法は以下の三つです。

・眠くなる限界まで好きなことをし、ベッドに入ったらすぐ眠れる状況にする
・お酒を嗜んでリラックスしてから眠る
・フラッシュバックは入眠前の儀式として受け入れ、フラッシュバックが終わればぐっすり眠れると信じ込む

人は寝ている間に、色々なことを考えたり思い出したりして、
脳内を整理していると言われています。
肴さんのフラッシュバックは、それに近い意味合いがあるのかもしれません。
肴さんは繊細で感受性が強いからこそ、入眠前にそれが始まっているだけで
単なる脳内処理の作業であり、それが終われば脳が休まると思えば、気が楽になりませんか?

今回の症状について、色々な捉え方があると思いますが、私はこのように考えました。
しかし、肴さんの辛い状態が一向に改善されないようであれば、
カウンセリングなり医療機関への受診を検討してみて下さい。
肴さんが今の辛さから解放されることを、お祈り申し上げております。

違反報告

2017年12月5日 01時13分


お礼コメント

コメントありがとうございます。

なかなか入眠できないと何時間もベッドでゴロゴロしていることが多いので、それを起きて本を読む時間などに変えてみたいと思いました。

ありがとうございました。

2017年12月6日 19時01分

ファミリーカウンセリング米田

肴 様

こんにちは、はじめまして
不安なお気持ちお察しいたします。
昔よりも軽減しているご様子なので、聴覚的なものも、視覚的なものも
フラッシュバックの可能性があると思いますが、その程度がどの程度なのかによって、
対応方法が異なると思います。現状よりも悪化するようであれば、薬での治療が必要になるかもしれませんし、
現状程度であれば、心理療法の方が適切でしょう。
心理療法であれば、よろしければ、私の方でも承れます。

違反報告

2017年12月4日 22時38分


お礼コメント

コメントありがとうございます。

薬を使うことには抵抗がありますので、心理療法で治るのであれば興味はあります。
少し考えてみます。

ありがとうございました。

2017年12月6日 18時58分

カウンセリング 催眠療法(ヒプノセラピー)の総合セラピールーム

とてもお悩みの事と思います。

> 病気の可能性や治療法なども含めて

とのことですね。

>子供の時からのことなのですが、眠る前に日中に聞いた人の声が聞こえたり、

日中の事を思い出しているのですね。

>眠る直前に嫌なものを思い出し、視覚的に出てきて目をつぶれないことがあります。

幻覚は目を空けていても閉じていても現れるので幻覚ではありませんね。

>子供の頃より、また若い頃より少なくなってきてはいます

精神科にかかるような「統合失調症」(精神分裂と過去に呼ばれていた症状です)である場合、

歳を経るごとに症状は悪化します。

心因性=トラウマが原因だと思います。

治療法は、カウンセリングと催眠療法を併用する事が最も効果的で、

短期間で改善します。

霊的なものの可能性がある場合は、
ヒーリングで祓い、
https://healer-asahi.com/

その後、カウンセリングと催眠療法を受けるのが良いと思います。

お気軽にご相談くださいね。

埼玉 カウンセリング&ヒーリングと催眠療法、
認知行動療法。
パニック障害、トラウマ克服
各種悩みの改善。

埼玉県草加市
総合セラピー・ルーム「 ヒーリング・スウィート」
厚生労働省認定相談機関
認定心理カウンセラー
総合セラピスト 栗原 涼
http://integrated-therapy.net/

違反報告

2017年12月4日 21時47分


お礼コメント

コメントありがとうございます。
霊的なものの可能性もあるのでしょうか?!

考えていなかったのでびっくりです。
カウンセリングを受けると良くなるのでしょうか…

ありがとうございました。

2017年12月6日 17時14分

追加コメント

お悩みの文章から、99%、心の傷が原因だと思われます。

霊的な物の可能性と書いたのは、心の傷が原因で、
自ら引き寄せているかもしれないからです。
特長としては、「寒くもないのに寒く感じる」
「嫌な事なのに、意志と反して引き寄せられてしまう」等です。

その場合は、ヒーリング&カウンセリングで、
祓ってから、
https://healer-asahi.com/contents/renai_syuusyoku.html

催眠療法とカウンセリング
https://integrated-therapy.net/hipuno.html

で、お悩みを根本から改善します。

2017年12月6日 17時14分

i-making日比谷シャンテ 心理カウンセリングルーム

こんにちは。心理カウンセラーの平です。

幻聴やフラッシュバックに長年お困りのようですね。

その中で、ご自分なりに工夫されて来られたのですね。

これほどまでに長期間お悩みでしたら、精神科を受診されると良いと思います。

心の病のお薬は、病名に対して出されるのではなく、そのかたの症状に対して出されます。

ですからお医者様には、幻聴に困るようになってからの期間、寝る前だけに幻聴があるのか、それ以外でも幻聴がある時があればどんな時か?逆に幻聴がないのはどんな時か、幻聴の声の種類や聴こえ方、入眠までに平均してどれくらい時間がかかるのか、平均的な睡眠時間はどれくらいか、フラッシュバックについては見えて来るものの内容、怖いもの、汚いものとは何か、フラッシュバックがある時に決まって思い出す事はあるか、など、あなたが日頃体験している事をなるべく具体的に伝えるようにしてください。

ご相談の内容から想像できるのは、幻聴に関しては統合失調症、フラッシュバックについてはPTSDの可能性です。

カウンセラーは診断はしませんが、わたしは病院に通うお客様のカウンセリングをさせて頂くことが多いため、症状が認められる時には必要に応じて大まかな見立てをし、薬物療法は医師にゆだね、心理療法(心理カウンセリング)や心理検査などをさせていただいています。

わたしの推測からは、あなたの場合、おそらく薬物療法で幻聴やフラッシュバックの苦しさは緩和されて行くと思います。睡眠を助けるお薬や、心を安定させるお薬などで、幻聴やフラッシュバックそのものが完全に消えなくても、日常生活がかなり楽になって行くと思います。ただ、お薬は脳に働きかけるものなので、幻聴やフラッシュバックに心理的原因があれば、そこを心理療法で癒して行く必要もあると思います。

あなたにとって辛かった経験、過剰なストレスとなった経験など、外からの要因と、あなた自身の感じやすさや傷つきやすさといった内側の要因の二つの視点から原因をさかのぼって行けると思いますが、原因となった事をどう受け止めるのか、あなたの受け止め方やとらえ方を変えて、これ以上苦しまないで済むようにしていく認知行動療法などもあります。ただ、子どもの頃から長年にわたって幻聴やフラッシュバックが続いて来た事を考えると、オーソドックスな心理カウンセリングをあなたにとって無理のないペースで行い、なるべく心理的な負担のない形で感情を解放して行くのも良いでしょう。

最近の出来事が原因で幻聴やフラッシュバックが引き起こされている場合、原因を容易に把握できる事もありますが、子ども時代から症状があったことを考えると、原因となった事柄がなかなか思い出せなかったり、自分自身が傷つくことを防ぐために忘れている事もあります。そうなると客観的に原因を分析して行こうとして記憶を無理にほじくり出し、かえってストレスになる事も考えられます。

シンプルな心理カウンセリングで、あなたが話したい事を自由に話せるスタイルならば、心理的な負担も負担も少なく、抑えていた感情を発散させたり、優しさや配慮によって癒されて行く事が期待できます。また、薬物療法を始めると、治療効果の他に心身に影響が出る事もあります。それらのストレスを軽減させつつ薬の効果を見極めて行く上でも、心理カウンセリングは役に立ちます。

なお、病院を探される場合は、幻聴やフラッシュバックの治療を得意とされる医師、あるいはそれらを扱うと言及している医師をインターネットなどでお探しください。

ちなみに、向精神薬は非常にたくさんの種類があり、精神科医によっても処方の仕方が非常に多様です。一人あたりの診察時間を短くせざるを得ない病院側の事情もあり、患者が医師に「お任せ」の気持ちで行くと適切な情報がしっかりと医師に伝わり切らず、処方にも影響することもあるように思います。ですので上記にあるように具体的かつ手短に症状を伝え、あなたにとってどこが辛くどこを優先的に治して行きたいのか、整理してメモなどを作った上で診断に臨むと良いかと思います。

また、薬によっては効くと実感できるようになるまで数週間かかることもあります。同じような症状でも、体質によって効き方が違ってくる事もあります。ですから、すぐに薬が聴かないからと言って服薬を中断する事なく継続して行くべき場合もあります。これらのお相談も心理カウンセリングの中でさせていただいています。


アイメイキング日比谷シャンテ店心理カウンセリングルーム
心理カウンセラー 平史樹

違反報告

2017年12月4日 19時10分


お礼コメント

コメントありがとうございます。

精神科、なかなか敷居が高く、過去に高圧的な態度をされたりしたこともあり受診できずにいます。
でも、行った方が良いのでしょうね。

いろいろ調べてみます。
ありがとうございました。

2017年12月4日 20時17分

肴さん、こんにちは。
質問拝見させていただきました。
今回お聞きした内容だけではなかなかわかりづらいところがありますが、とりあえず思ったことだけお話しさせていただきます。
まず一番に考えられるのは、幼少期のストレスになにか原因があるのかな、と思います。
この現象がおこるのは、ひとりで寝ているときですか?
それとも、誰かと一緒に寝ているときも同じですか?
じっくりご自身の過去にどんな原因があるのか、考えてみることが重要です。
いつからそうなったのか。なにかきっかけがあったのか。そうなったときに誰かに助けてほしかったのか。そのことを誰かに話したのか。不安に思っていたこと、不満に思っていたことはないのか。など
あと、フラッシュバックについては、考えないようにしよう、考えないようにしよう、と思えば思うほど、よけい考えてしまいます。
これは、瞑想のコツなんですが、頭に浮かんだものを消そうとするのではなく、受け流すようにしてください。
つまり、嫌だ嫌だという感情を出したり、考えないようにしよう、とせずに、浮かんだものをそのまま受け流すようにします。
あとは、しっかり運動をして、寝る前はなるべくリラックスするようにしてください。

違反報告

2017年12月4日 18時44分


お礼コメント

コメントありがとうございます。

幼少期のストレスといえば、ホラーをよく見ていてそのせいかもしれません。
一人でいても誰かといても起こる時は起こります。
起こった時に、そばに人がいると異常に不安になります(すぐに電気をつけるなどできないため、現実にすぐ戻れないから)一人だとすぐに電気をつけたり、スマホを見たりして現実に戻れるので寝る時は一人が良いです。

目に浮かぶものを受け流すのですね。なかなか難しいですが、やってみます。

ありがとうございました。

2017年12月4日 20時11分

ヒーリングメイトサニー

肴さん

一番考えられることは、寝る前には瞑想状態にはいることがあります。この場合、人の声も聞こえますし、見えます。また体感さえあることがあります。
瞑想状態に入りやすい人がいます。このタイプだと思われます。
いくつか方法があります。
これを改善するには、子供のころからの辛い思いを潜在意識から解放することです。時間もある程度かかります。
そして辛いことがなくなれば、寝る前に嫌なこととして思いだすことがなく良いことを思いだして眠ることが可能です。
ネガティブな考えを変えていくことです。
前向きで自分のために改善しようとしたり、自分を反省したり、誤解されたりしていないか?思いやりがあるために思い返すこともあり、これらは、
ネガティブとは言い難いのですが、これらも変えていく方法があります。
「真理」を感じて理解し、自分でも自分のメンテナンスができることです。
私的な言い方をしますとこのような文面になりますが おなじ内容でも肴さんの言葉では異なってくる可能性もあります。

本当のことを知りたければ肴さんの潜在色意識と顕在意識をつなげて自分で理解することが可能です。
以下をご覧ください。私はこういうことのプロです。15年キャリア。ヒプノのように辛い再体験をさせません。
http://11087.webnode.jp/

良かったらご連絡くださいませ。
kiyomi.a@yahoo.ne.jp
080-1116-0055
ヒーリングメイトサニー
朝賀清美

違反報告

2017年12月4日 15時12分


お礼コメント

コメントありがとうございます。
瞑想状態なのですかねー。

子供の頃の記憶と関係あるといえばあるのですが、自分自身の経験したことではないので…(テレビで見た物が怖くて未だに思い出します)

ありがとうございました。

2017年12月4日 17時40分

追加コメント

…(テレビで見た物が怖くて未だに思い出します)
こちらも含まれます。テレビで見たということが体験ですから(^◇^)

2017年12月4日 17時40分

こども・社会人のためのメンタルcafe ”moyori-eki”

肴さん、こんにちは。
『もよりえき』の眞殿と申します。

子供の頃から辛い思いをされてきたのですね。
しんどかったですね。

カウンセラーは医師ではないので、医療的な回答は出来ません。
それ以外でお話させていただきますね。
寝る前に日中の嫌な事が思い出され、見えたり聞こえたりが再現されるとの事。
しかも楽しい事ではなく嫌な事です。

幼少期に、子供の心では抱えきれない程の怖い思いをした記憶はありませんか?
その時の気持ちをご両親や誰かに話しましたか?
もし、誰にも話せていなかったら、その時の子供なりの辛い気持ちが
肴さんの中にずっと存在してるのではと考えます。

お住まいの地区に、相談機関があると思いますので、
一度相談してみるのも手段かと思います。

違反報告

2017年12月4日 14時25分


お礼コメント

コメントありがとうございます。

小さな頃から母がホラーが好きで、それの影響なのかもしれません。
忘れることが難しいです。

相談機関があるのですね。調べてみます。

ありがとうございました。

2017年12月4日 17時43分

こころゆるび

肴さん。はじめまして。
こころゆるび~メールカウンセリング~の時任美歌と申します。
子供の頃からとなるとお辛いですよね。
今まで睡眠外来には行かれたことはありますか?
入眠までに時間がかかるのならば行ってみる価値はあるかと思います。
嫌なことや怖いものばかりがフラッシュバックするのは、
それが頭の中にこべりついて離れないほど強く残ってしまっているからだと考えられます。
責めるような幻聴が聞こえるのも肴さんの心に癒されない傷があるからではないですか?
それらをどうにかしていけば、フラッシュバックは減る可能性はあります。
カウンセラーであり医師免許を持たないので病名や治療法をお話しすることは出来ません。
申し訳ございません。
ただ、お話はお聞きすることは出来ます。お時間おありでしたらサイトにいらしてください。


-----

こころゆるび~メールカウンセリング~

http://kokoroyurubi.com/homepage/

主に自律神経失調症の方やご家族、精神科や心療内科に苦手意識のある方、対面カウンセリングや電話カウンセリングに抵抗のある方を対象とした初回無料のメールカウンセリング

違反報告

2017年12月4日 14時12分


お礼コメント

コメントありがとうございます。
睡眠外来とは初めて聞きました。調べてみます。

入眠まで完全に忘れていることでも、眠気が襲うとまぶたの裏にありありと浮かんでくるのですよね…。幻聴は少なくなっているのですが、私の心に問題があるのかもですね…

ありがとうございました。

2017年12月4日 18時53分

Freedom Counseling School

はじめまして、

コメント拝見しました。

「眠る前の幻聴や視覚的なフラッシュバックについて。」との御相談ですね。

不安感から来る、神経症(障害)に症状は似ていますが、

精神科には通院されていますか?

心因性(こころの問題)であるのであれば、カウンセリングで良くなります。

一度、お話をお聞かせください。

電話&LINE ID: 0445441539

FCS 主宰 野口正彦

LINEカウンセリングが30分無料です。
(ご相談者に限ります。

お気軽にご利用ください!

★FBのメッセンジャーにご連絡ください!★

------------------------------------------------------
日本心理カウンセラー協会 ★JPCA★
Japan Psychological Counselor Association.
FB: https://www.facebook.com/jpca20170801/
------------------------------------------------------
Freedom Counseling School 
フリーダム・カウンセリング・サービス
FB: https://www.facebook.com/fcs1996st/
------------------------------------------------------

違反報告

2017年12月4日 14時05分


お礼コメント

コメントありがとうございます。

精神科には通院していないです。
心因性でなければ不安神経症なのですかねー。

ちょっと調べてみます。

ありがとうございました。

2017年12月4日 20時03分

メンタルケアのお部屋フレル

こんにちは。うまく眠りにつけないのは辛いですよね。
早速ですが、診断は医師ではないのでできませんが、疾患の可能性が全くないとはいえないと思うので、精神科なり心療内科なり受診してみるのも一つでしょうか。
いくつかお尋ねしたいのは、いつもその日にあったことや見聞きしたことが元になっているのかということ。それから視覚的な怖いもの、汚いものとはどういうものなのかということです。それによって少しアプローチの仕方が変わるのではないかと思います。
子供の時からということで、環境や何らかのエピソードが原因なのかもしれませんが、増えてるのでなく減っているのは、あなたの自己回復力が作動していることだと思うので、基本的にはそこを頼ればいいのではないでしょうか。
ただ、またそうなるのでないかという「予期不安」やまた起きてしまったという「失意回顧」は、そうなることやその強さを高めてしまう危険があるので、できるだけ気にしないか、思い出したら気を紛らす方法を何か考える事をお勧めします。
今されているストレスケアは悪くないと思いますよ。身体より脳が疲れているのかもしれませんからね。
もし治療的なセッションを行うとすれば、症状改善を二次的な効果として、まずはストレスケアのプログラムを一緒に考えたいと思います。

違反報告

2017年12月4日 14時02分


お礼コメント

コメントありがとうございます。
以前精神科にほかのことでかかった時に聞いたところ「疲れていれば誰でも幻聴は聞こえることがある」と言われたので、そういうものかと思っていました。

フラッシュバックの内容はその日にあったことの時もあれば違う時もあります。視覚的な怖いもの、一番はアイロンです。昔テレビでアイロンを体に当てられるという場面を見て以来、その場面を再現したりアレンジしたりしながら身体に当てられる感覚を味わってきました(実際にアイロンで火傷したことがあるので痛みが再現されそうにもなります)
気を紛らわすことをもう少し取り入れてみます。

ありがとうございました!

2017年12月4日 19時04分